冷却期間後 メール

冷却期間後のメールがそっけなかったら・・・

久しぶりにメールしたらそっけなかった

冷却期間後,メール

元恋人とやり直そうと思ったら、いきなり連絡をするのではなく、別れてからしばらくの間冷却期間をおき、それから何気ない風を装って、メールを送ってみると良いでしょう。

 

もしかしたら、全く何の反応も無いかもしれないし、仮に返信が来たとしても、とてもそっけないものかもしれません。

 

しかし、返信がない、もしくはそっけない反応だったとしても、そこをあまり気にしすぎてはいけません。
相手だって、好きで冷たくしているわけではないかもしれないのです。

 

そもそも、相手は冷たくなどしておらず、まったく普通の知り合いへの対応をしているかもしれません。
あなたのなかの基準が「恋人からの返信」を期待しているあまり、相手のメールがそっけなく感じてしまうだけかもしれないのです。

 

返事がなかったのも、特に返事をしなくても問題ないような内容のメールだったために返信しなかっただけで、無視したつもりは相手にはないかもしれないのです。

 

別れたのだから、自分と相手は他人になったのだと思わないといけません。
復縁というのは、一度関係をリセットして、またゼロから始めないといけないということなのです。

 

浅海復縁マニュアルでタブーなメールを知ろう


復縁に向けて元カノ・元彼にメールを送る

元カノ・元彼とよりを戻そうと思い、まずはメール送ってみたら、当たり前ですが返事を期待しますよね。
しかし、返事はないと思っていた方がいいかもしれません。

 

元カノ・元彼はとても慎重になっており、あなたからのメールが、やり直したいとか、まだ好きだというような内容でなかったとしても、やはり「元カノ・元彼からの連絡」というものは、自然と復縁というものが頭をよぎりますので、「私はそんなつもりないのに困るなぁ」などと思ってしまい、返事をくれないかもしれないのです。

 

なので、初めから返事を期待しないほうが、受けるショックは少ないはずです。
仮に返信があったとしたら、それはそれで嬉しいことなので、そこから徐々に距離を縮めて行けるように頑張りましょう。

 

返事がなかった場合は、またすぐに自分からメール送るのではなく、少し日にちを置いて、再び連絡しましょう。
ただし「どうしてこの間の返じをくれないの?」など、問い詰めるようなことはやめましょう。

 

無料メルマガ登録もこちらから

冷却期間後,メール日本一の復縁アドバイザーの信頼できるマニュアル

浅海男性用浅海女性用

男性用女性用

ホーム RSS購読 サイトマップ