自分のせいでフラれたけれど復縁したい

自分のせいでフラれたけれど復縁したい

時間がかかるけれど誠意を見せて

フラれた,復縁したい

自分のせいでフラれたけれど復縁したい場合について考えてみます。

 

相手のことをまったく思いやることがなく、自分が原因でケンカになったりしたのにろくに謝らず、結局恋人にふられてしまったりしたら、どう思いますか?

 

きっと後悔するでしょうが、そうなってしまった後ではもう遅いですよね。

 

今までのことを挽回しようと思って、「反省しているからやり直したい」、「別れたくない」などと、たくさん謝れば、相手は許してくれるかもしれない。

 

しかし、謝ることで許してくれるくらいなら、そもそも相手は別れ話なんて切り出さないはずです。
「あなたのせいでこういう辛い思いをしているので、そこを改めて欲しい」などと、話し合いをしていたはずです。

 

復縁には、とにかく時間がかかると思った方がいいです。
特に、自分が相手を怒らせてしまったり、傷つけてしまったのであれば、余計に慎重にならなければいけません。

 

よりを戻したところで、あなたが反省しているいるのか、同じ過ちを犯さないかどうか、確実に判断できるまで、決して相手は元の関係に戻りたいとは思ってくれないでしょう。
地道に反省していることを伝えていき、前とは違う自分になるよう、努力しないといけないでしょう。

 

浅海復縁マニュアルの解説はこちら


お互いに変わるのがベター

復縁というのは、一度は別れてしまった恋人同士が、再び付き合うというもの。
なので、以前と全く同じ様な態度で一緒にいると、同じような理由で再び別れてしまう可能性があります。

 

復縁は、 2人で新たな関係を築いていくものだと思った方がいいのです。
なので、どちらか一方が変わるのではなく、2人共が変わらないといけないのです。

 

しかし、相手に前と違う人間になってくれるように頼んだところで、それは難しいものです。
それに、人に言われたからといって、簡単に変われるものでもありません。

 

ならば、あなた自身が変わればいいのです。
以前と同じ間違いを繰り返さないために、今まで以上に相手に思いやりを持ったり、親切に接しているうちに、以前のあなたとは違うと相手も気がつくことでしょう。

 

そうすることで、相手も「自分も変わらなければ」と自然に思ってくれれば成功です。
復縁に成功し、もう一度、しかも長く付き合っていくためには、お互いを思いやる気持ちを忘れないようにしましょう。

無料メルマガ登録もこちらから

フラれた,復縁したい日本一の復縁アドバイザーの信頼できるマニュアル

浅海男性用浅海女性用

男性用女性用

ホーム RSS購読 サイトマップ